月別アーカイブ: 2015年3月

毛抜きを使った脱毛による肌トラブル

毛抜きを使ったムダ毛処理には、デメリットしかないので、
今毛抜きでムダ毛を処理している人は、すぐに使用を中止しましょう。

この記事では、どんなデメリットがあるのかをご紹介していきます。

・毛嚢炎

毛嚢炎とは、閉じた毛穴から無理やりムダ毛を抜いたことにより起こってしまう肌トラブルです。
主な症状としては、毛穴が赤く隆起してしまう、毛穴が膿んでしまうというものです。
毛嚢炎はこのような症状と共に、痒みを生じてしまう場合もあります。

・埋没毛

埋没毛は、ムダ毛が根元から綺麗に抜けず、
抜け残った毛が肌のすぐ下で埋もれたまま成長してしまう肌トラブルです。

埋没毛は、肌の表面には毛が生えていないのに、
遠目から見るとムダ毛が生えているように見えてしまいます。

これらの肌トラブルは、どちらとも治療法がありません。
万が一なってしまった場合は1ヶ月~2ヶ月ほど放置しておくしかないので、
そんなことにならないよう、毛抜きでムダ毛の処理を行わないようにしましょう。
家庭用脱毛器をお探しならこのサイトが参考になります。

「ケノンとレイボーテ、どっちが買い? 買った後で後悔しないために」