月別アーカイブ: 2017年5月

<診断レーザー抜け毛は?>

今日は無限抜け毛の主流となっている「見立てレーザー抜け毛」に関して、細かくご紹介ください。

医療機関では、医師認可を有する者のみが使うことのできる、見立てレーザーとして抜け毛を行います。
ここで使用される抜け毛装置は、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーの2範疇になります。

医療機関によっては、他にもレーザーの種類を揃え、様々な手配に応えてもらえる場合もあります。

では次に、見立てレーザー抜け毛は、どのように行なうのかご紹介します。

見立てレーザー抜け毛は、レーザー光線をストレート表皮に覚え、メラニン色素を含むヘアーとヘアーママ細胞を破壊して出向く方式をとります。
そうして損傷されたヘアーママ細胞は、ヘアーの再現ができなくなります。

こういうやり方をヘアーローテーションによって何度か行うことで、ムダ毛のない、つるつる表皮を買い付けが出来るのです。

最後に、見立てレーザー抜け毛のメリット・難点もご紹介ください。

<メリット>
・パワーが激しいので、抜け毛効果が高い。
・サロンで受ける輝き抜け毛と違い、反響が浮き出るのが速い。
・伺う頻度が少ない。
・次回の抜け毛まで、ヘアーを伸ばさなくてよろしい。
・一度に広範囲のやり方ができる。

<難点>
・日焼けを通していたり、妊娠している場合はやり方がNG。
・やけどをする可能性がある。
・メラニン色素が無い産毛や、白髪には効果がない場合がある。

いかがですか?
見立てレーザー抜け毛がどのような雑貨なのか、わかってもらえたでしょうか?

見立てレーザー抜け毛の場合、サロンのように「抜け毛に失敗するかも」という恐れがいらないのが、最大のメリットでしょう。
また、通院頻度や抜け毛反響を考えるといった、最終的にはエステサロンよりも、見立てレーザー抜け毛の方が安く立ち去ることができます。

よくあるいざこざとして“やけど”が挙げられますが、万が一そういったいざこざが起きても、
医師による診察・手当がその場で受けられます。
また、必要であれば、軟膏などの薬を処方してもらえるので、再度安心ですね。ミュゼは予約が取れない?