脱毛するときは、店先やクリニックで脱毛する時でも、

家庭用抜毛器物で自分で脱毛する時でも、
色眼鏡をしたり几帳をしたり講じるのを知っていますか?

ショップや病棟であれば、
色眼鏡をかけて、ますますガーゼを瞳の上から当てていただける。

家庭用抜毛器物であれば、本体を買った時に一緒に色眼鏡がついてくる一品もあります。

では、何で抜毛をする時は、色眼鏡が必要なのでしょうか…。

抜毛器物を照射すると、力強い光線が発せられます。
こういう硬い光線、だいぶまぶしく瞳にはよくありません。

色眼鏡をかけないで、抜毛を通じていくと瞳がチカチカ決める。
わずか1回の解決も、チカチカしてしまいます。

抜毛というって、1回の解決だけではすまん。
何回も何回も照射しないといけません。
そのたびに目がチカチカしていると、瞳に負担がかかってしまう。

できるためあれば、家庭用抜毛器物で脱毛する時は、
照射したら、風貌を背けた方がいいでしょう。ケノンでアンダーを脱毛する方法について